ヴォーカル

ヴォーカルが上手くなるには

歌を唄う時のマイクの持ち方(握り方)によって、その実力が分かってしまうのはなぜ?

マイクにはちゃんと適切な持ち方がありまして、歌を唄う時のマイクの正しい持ち方・握り方でヴォーカルの実力が決まるんです。正しい持ち方を知っておくだけで、不思議と上手に唄えるようになったりするので、その正しい持ち方とコツをお伝えしています。
ヴォーカルが上手くなるには

僕がヴォーカリストになったわけ

僕がヴォーカリストとして、歌うこと以外に大切なことを伝えているコラムです。ヴォーカルは唄うことができて成り立つものではありますが、歌が上手くないとなれないわけではありません。 逆に、歌が上手いだけでヴォーカリストになれるものではないのです。
ヴォーカルが上手くなるには

腹式呼吸のやり方を習得して歌を唄う時に使えるようになると、歌が格段に凄くなる

歌を上手く唄うには、腹式呼吸がしっかりとできているかが大切です。この腹式呼吸を習得しないまま歌を唄っていると、安定して唄ったり、長く強くそして高く唄うことは難しいです。 腹式呼吸を正しいやり方で覚えると、歌は見違えるように上達していきます。
芸能リポーターD.O

伝説のロックバンド「SIAM SHADE」のVo.栄喜は、実は傑作な英雄だった

あのSIAM SHADEのVo.だった栄喜さんが、久しぶりにラジオ番組に出演してました! そのラジオの中で、彼は当時の逸話や現在のことをお話されているんですが、 これがまたアホみたいに面白くて、彼がなぜ伝説となっているのかがよくわかりました。
ヴォーカルが上手くなるには

僕が舞台でパフォーマンスしている最中に、いつも考えていること

舞台に上がってパフォーマンスする方は決まって、出演中でも常にどうパフォーマンスしていこうかと考えながら舞台に立っていると思います。 そんな僕がいつも舞台出演時に何を考えているのかやそのネタなどを記事にしてので照らしながら読んでみてください。
ヴォーカルが上手くなるには

ヴォーカルの本当の歌い方

ヴォーカルで歌を上手く唄うためには、ボイストレーニングや技術の練習など、身体を使って習得するべきことが沢山ありますよね。 それ以外にも、ステージで活躍するための心構えや考え方まで大切にしてほしいので、今回は3つの技術とその心構えを伝えています。
タイトルとURLをコピーしました