エフェクターのブースター・バッファーってどんな効果を生むの?実はかなりのアイテムだった

最高の音を鳴らすコツ


音を作るために持っている音響機器やエフェクターのほとんどを、薄くかけて厚く出す系のものばかりで揃えて、ひとりで満足している、D.O(@Deeooo954)です。


ギターやベース、その他電源を取る必要のない楽器を音響機器やエフェクターに繋いで音を出した時に、

音が細くなったように聞こえるなあ…

ノイズがよく出るようになったな…

他に出ている音に比べて音が聴こえにくい…

ってなることがよくありませんか?

これってホント、ミュージシャンには必ずといってもいいほどついてくるお悩みですよね。

これには必ずっていっていいほどの理由がありまして(笑)、音響機器やエフェクターで音を作るって、

製品を作る作業が原料を削ることで精製できていくのと同じで、これも音を加工して出すという作業にあたることから、

機器を通して音を作ると、どうしても音はだんだんと細くなり、これによって「音瘦せ」という現象が発生します。

併せて、音痩せをすると、出てくる音にノイズが乗りやすくなります。

なので、音響機器やエフェクターで音を作る際には、

どこかの段階で補正作業をしてやらないと、楽器本来が持っていた良い音が出て来なくなってしまいます

この、音響機器に繋いで音を出す際や色んなエフェクターを繋いで音を作る際に決まって発生する、

「劣化」を防ぐことができるエフェクターがありまして、


それがこの、「ブースター」「バッファー」となります。

このブースター・バッファーを音響機器に繋いで使用することで、

  • 芯からしっかりした音にできたり
  • 音量を上げられたり
  • 雑音が減ったり

と、この補正するだけのモノがかなりの力を発揮してくれるんです。

ダイナミックなサウンドを作って出す際にはかなり重要となるこのアイテム達。

すぐに使えてすぐに効果を味わえるように、

同じようで違うこの2つの、特徴や使い方を解説していきます。


この2つは一体、どんなエフェクターなの


この2つのエフェクターは、非常に似ているのに、違うものです。

似ているのに違うというのは、狙える結果はどちらも同じなのに、

どの原因を狙って対策するのかで用途を分けるものだから、モノが違うのです。

ということは、狙う原因を押さえずにただただ使ってしまうと間違った結果を生むことがあるため、

使用する際には、この2つの違いをちゃんと押さえた上で使って欲しいので、

ここでは、その差や違いがどうなってるのかをお伝えします。

ブースターとは


ブースターとは、「音量を上げるエフェクター」です。

正しくは、「音を増やすエフェクター」です。

なおさら分かりづらい伝え方となってますが、音の成分を「増幅」し、部分的に音を大きるすることができるモノです

なので、ヴォリューム全体を上げるものとは少し違うので、その用途に特異性を見出してピンポイントに使うモノとなっています。

ギターやベースでいえば、演奏中に部分的に、音を前に出して目立たせたい時や、

元々の音質をより芯のある音にして、上質な音にして出したい時に使います。


ブースターをONにしたことによる、基準値より少し信号を増幅した時のあの力強くコシのある音は、

付け足す程度の圧力をかけて信号を圧縮したことで起きた、密度の高いほどよい音質が魅力ですよね。

このブースターには色々なヴァリエーションがありまして、主に

  • 高音域を強調する「トレブルブースター」
  • 中音域を強調する「ミッドブースター」
  • 低音域を強調する「ベースブースター」
  • 信号をより強くし、歪み効果を強調する「ゲインブースター」
  • 信号を強くしても、歪ませず音を上げる「クリーンブースター」

の5つに分類されていて、それを軸にして色々ラインナップされています。

ちなみに低音域を強調したい場合は、基本的にブースターというものを使わずに、

「パスフィルター」という、欲しい音域以外を減退させて、欲しい音域だけを前に出すことができるエフェクターを使用して強調させる方がいいです


これは、低音域の伝達の特性上、楽器によってはただこもるだけの悪い音質となってしまうためです。

ブースターで低音域を全体的にブーストしても、音に迫力が出ても圧力は出す、音が前に出てくるようにはなりづらいので、

ブースターが何のために生まれてきたのかの意義からは遠くなるんですよねー。

バッファーとは


バッファーとは、「音を上げるエフェクター」です。

…アレ、結局ブースターと一緒じゃない?って思いますよね?

そう、効果は確かにブースターと同じようなものなんですが、何が違うのかというと、

バッファーは、「インピーダンスを下げるエフェクター」なんです。

楽器の中でも、楽器自体にコンセントプラグが付いてないタイプの電子楽器なんか(ギターやベースなど)は、

電気にめちゃくちゃ抵抗をかけて微弱化し、信号の状態にしないと使えません。

(壊れるか、感電するため)

その分、以前にも記事に書いた音響システムの音の出る仕組みと同様で、

電気は微弱な信号のままだと、エフェクターなどの機器を色々と通りながら伝達される際には、

その伝達距離が長くなればなるほど、他の電気から出る電磁波などの影響を受けてしまい、より音が劣化していきます



それを回避するには、途中で「インピーダンス値を下げてやる」ことが大切で、

バッファーで、信号にかかっている抵抗を緩めてやることで、音を根元から太くすることができるんです。

これがブースターと違うところになり、増幅ではなく「変換」することによって、

音を本来の姿にしてやることを狙いとして存在しています


なので、ブースターではどうしても少しはノイズが乗ってしまうことがある反面、

バッファーは原理的にノイズが減退するので、ブースターによってノイズが出ることが気になる場合では、バッファーも併用するのが最適となります

このことから、ブースターより先にバッファーを導入する必要があるんではないかと僕は思いますよ

特に、エフェクターを横並びで直列に繋いでいる場合なんかは必須だと言いたいです。

そしてそれが、全てトゥルーバイパスのエフェクターであればなおさらです

こんな時には、ギターやベースから一番近い順番で先ず、バッファーを繋いてやってから他のエフェクターを繋いで行くようしてください。

これについては、こちらの記事により詳しく書いていますので、ぜひ合わせて読んでみてください。


ただし、バッファーによるローインピーダンスへの変換には、楽器独自で本来持つか細さ(ヴィンテージ感など)が損なわれたように聞こえるデメリットがあります

パッシヴ(消極的)楽器がアクティヴ(積極的)化されることと同じようなものなので、どうしてもモダン(現代的)な音になる傾向があるんです。

トゥルー・バイパスのエフェクターが生まれて来た理由を考えても、あえて信号を微弱なまま伝えていき、そのサウンドの味を楽しみたいこともあることを考えれば、

ヴィンテージ(年代的)な音を出したい時は、バッファーを入れないで、ブースターのみを使う方がいいのではないかと思いますよ。

どちらも、音が太くなるエフェクター


結局、いざ音を鳴らして、この2つのエフェクターの効果を聴いてみても、

中級者でもその違いがあまり分からないかも知れません。

狙ってる効果が、どちらも「音を太くして芯のある音にする」ものだからです。

なのに、わざわざ同じようなものが、なぜ2つも存在しているのかというと、

接続する場所をそれぞれ分けて用途によって使い分けをしたり、効果をより細かくピンポイントに狙って発揮できるようにしてあるためなんですね

エフェクターには、他にも色々な種類があり、それらを好きな順番に並べて繋いでいくと、

繋ぎ方によってはより面白い音が出せたりする機械なので、

ヴァリエーションを広く確保できるように、個体設計で色々作るようにしているんです。

なので、どんなに音が一緒のように聞こえても、上記を参考にして、

その2つがそれぞれどんな原理でその効果を出そうとしているのかを、

必ず押さえた上で選んで導入してくださいね。

改めて要約しておくと、

ブースターは、信号を加算して増幅する。

バッファーは、信号を変換して調整する。

となり、この違いがあります。


オススメのブースターとバッファーはこれだ

オススメのブースター


ブースターを使っている人は非常に多く、これでもかってくらいのラインナップがあるエフェクターの一つとなるので、結局どれを選んだらいいのか分からないって方がも多いと思います。

その種類には、ツマミが1つだけのタイプや、EQが付いていてより細かに調整できるタイプなどがあり、

それによって、値段や用途がさまざまなエフェクターです。

クリーンブースターやゲインブースターは、ツマミが1つしかないタイプが多いですし、

各音域に合わせたブースターは、EQツマミが付いているものがほとんどです。


ブースターは配置するところによって、様々な効果を出すことができるスグレモノなんですが、

基本的には、楽器により近い位置か、アンプにより近い位置で使用すると、最適な効果で使用できますよ

XOTIC EP Booster


ブースターの中でも、とても人気のあるモデルです。

このブースターは、全音域をブーストすることができるタイプのものなんですが、

その中で特にエレキギターで使用すると、エレキギターが持つ中音域や高音域の良いところをピンポイントに出してくれるので、

使いやすさと音の乗りやすさが優れていて、ギターリストからは高評価を得ているモデルとなりました


掛けっぱなしで使ってもいいし、必要な時だけONにしてもいいし、ホント使えますよ。

Xotic Effects EP Booster

EX-Pro 32volt CLEAN BOOSTER


こちらのモデルは、EQをコントロールできるタイプのブースターの中で、かなり優れた効果を出すことができる画期的なモデルです。

接続することによる影響に焦点を当てて、数々の優れた製品を生み出してきた名門、EX-Proのクリーンブースターでして、

このブースターは見事に歪みませんが、それを狙いとしているクリーンブースターとしてはこれでバッチリであり、

その結果、ちゃんと音が太くなり、ノイズが全くないところが凄いです。

このモデルの最大の特徴が、通常の9VACアダプターで動作しながらも、エフェクターの内部で32Vまで電圧がUPされて駆動しているとこで、

その力で上記の効果を再現しているところなんです

それに、EQツマミで音域を調整することができるので、あたかもブースターをかけたような音にならないように、

中低域を素直な音のままで強調することができるので、なかなか重宝しますよ。

Ex.pro 32volt clean boosterデモ

オススメのバッファー


比べて、バッファーを使っている人は未だ少ない傾向がありますが、それでもそこそこのラインナップがあります。

インピーダンスを変換することが主な目的のエフェクターなため、基本的に常にオンにしておいて使うものなので、スイッチやツマミが全くないタイプがほとんどです

そして最近のモデルでは、アクティブ化によって起こる「不自然な音」に、ツマミが無くても元からなりにくいように設計されていたり、

インピーダンス値が調整できるツマミが付いているタイプも存在しています。


楽器から最初に発せられる一番弱い信号を、初っ端に強くしておくために使うのが狙いなので、

原則、他のエフェクター達より前に繋いで使いますが、

ハイインピーダンスな信号じゃないと機能してくれない、ヴィンテージのファズやワウペダルを使う時では、

それらの直後に繋げて使うようにしましょう


MXR MC406 CAE Buffer


定番で名高いブランドのMXRが、回路系の性能においてかなりの技術力を誇るトップブランド、

CUSTON AUDIO ELECTRONICSとコラボレーションし発売した、バッファーです。

インピーダンスの変換機能に加えて、高音域と低音域のカットができるボタンが付いており、

アクティブ臭さが強く感じられる際には、必要に応じてこのボタンで調整することによって、よりナチュラルに仕上げることが可能です


このモデルには出力が2つ搭載されていて、1つがバッファーした音が出る出力で、もう1つがバッファーしない音で出せる出力となっていることから、

2系統で使い分けできるところがとても役に立つことでしょう。

MXR / CAE Buffer – Audio Test by Riccardo Cherubini

Empress Effects buffer+


このバッファー、もはやPAミキサー並みの設定までついている、マルチなジャンクションループボックスと言った方がいいでしょう

このバッファーがオススメできる理由はやはり、クリーンブースターと一体型になっているところでして、

この個体一つで、バッファーされた音をブーストするとなれば、相性が最適なことは間違いが無く、

それでも何かしらノイズが発生しまう時には、発生具合に合わせてゲートの量を調整できるノイズフィルターをかけることができるんです

そして、エフェクトループが取れるところは非常に重宝しながら、独立したチューナアウトまであり、

フットスイッチを長押しすることで、音をミュートさせながらチューニングまでできてしまいます


中級者以上向けのモデルかも知れませんが、末永く手放せないアイテムになることでしょうね。

Empress Effects Buffer & Buffer+

まとめ:ブースター・バッファーは、どっちかは絶対持っとけ的アイテムだった


いかがでしたか?

ブースターとバッファーの、その違いとそれぞれの効果について知るきっかけになれてたらいいなと思いますが、

実際には、ブースターは結構知ってるけど、バッファーはよく知らなかったなあって人が多かったのではないでしょうか?

改めて、ブースターとバッファは、

  • 楽器の音を骨太にしてくれる
  • 音量自体を上げなくても音が前に出るようになる
  • 無音時にスピーカーから出る「サーッ」の音を軽減できる

という風に、元々微弱な信号しか出力できない電子楽器に接続することで、

その受けた信号を強くしてくれるというわけだったんですね。

そして、ただ音量が上げられるというより、音の元素成分を調整しながら増幅し、

そこをより出すようにしているエフェクターだった
ということでした。

ただし、同じようなしくみであっても、作用しているところが違うので、

それぞれの原理を知っておいて使い分けをすることで初めて、適切に大きな効果を得られるようになっていることは忘れないでおいてくださいね


適切な箇所で使わないと、真逆の効果が発生してしまうことは、エフェクターという機械の性ですから。

さあ、特にエレキ系ギターやエレキ系ベース、他にもエレキ系の弦楽器やコンセントのないエレキ系楽器を演奏する人で、

まだこれらを持ってない方は、まずはこれらを手に入れてから音を作ってみてくださいね(-ω-)


コメント

タイトルとURLをコピーしました